椎間板ヘルニアはレーザー治療で完璧解決!傷跡だって気にならない

医者

腰痛の最先端治療

看護師

外科といった医療機関では、椎間板ヘルニアのレーザー治療が行われている。レーザー治療は最先端治療に該当し、外科手術をせずに椎間板ヘルニアを治療することができる。治療に要する時間は15分程度で、2日間程度の入院で済む。

View Detail

負担の少ないヘルニア治療

お花

椎間板ヘルニアに対しては症状の程度に応じてさまざまな治療法が確立されていますが、外科手術でありながら身体への負担が極めて軽いとして評判なのがレーザー治療です。手術は短時間で完了し、その日のうちに自宅に帰ることも可能です。

View Detail

レーザーでの椎間板の治療

医者

治療を受ける前に考える事

椎間板ヘルニアのレーザー治療においての注意点について説明していきます。この治療に最も効果的であるのは軽度のものに限られており、中度や重度のものであると、骨の出っ張りが大きくなっているために、外科手術を行った方が効果的であるという事が言われています。また、このレーザー治療では健康保険の適用外の治療法であるため、治療費が外科手術よりも高額になってしまうため、患者さんの負担が大きい事が分かっています。椎間板ヘルニアの治療法の全てに共通して言える事としては、1度椎間板ヘルニアになってしまうと、治療を行って完治をしたとしても、再発する可能性があるという事です。そのため、椎間板ヘルニアの治療では生活の質を向上させる事に目的があると言えます。

この治療の大きな利点

このように、椎間板ヘルニアの治療の1つであるレーザー治療は、治療を受ける前に注意する事が多い事が言えますが、大きなメリットもあります。外科手術では、傷を付ける部分が広くて体への負担が大きく、入院をしなければいけない事や、手術の傷跡が残ってしまうというデメリットが発生します。しかし、レーザー治療では、傷を付ける部分が少なくて済むので、体への負担が軽く、入院を必要とせずに日帰り手術を可能としています。また、手術後も傷跡が残らないといった事も大きなメリットであると言えます。そのため、軽度の椎間板ヘルニアであれば、レーザー治療による治療を受ける方が患者さんの手術後の生活の質が上がる事が分かっています。

レーザー治療は痛みを伴うのではないかと心配する人も多いでしょう。しかし。施術の際には、皮膚と筋肉の部分に局所麻酔を行うため、痛みを感じることなく施術が行えます。施術の時間は、約10分程度となっていますが、1時間から2時間ほど安静にしていなければなりません。また、施術後は医師からアフターケアなどの説明があるためしっかり聞くようにし、きちんとアフターケアも行うようにすることが大切です。そうすることでレーザー治療の傷跡も残らず、快適な生活が送れるようになるのです。

活き活きといた毎日を

男性

椎間板ヘルニアは、背骨と腰骨の間の椎骨の隙間にある、椎間板という軟骨が変形してしまうことを指します。腰だけでなく背中や足にも痛みが出ます。より安心で高い効果を得るには、専門医によるレーザー治療がおすすめです。

View Detail