椎間板ヘルニアはレーザー治療で完璧解決!傷跡だって気にならない

病棟

腰痛の最先端治療

看護師

腰痛の最先端治療の人気

ヘルニア治療対応の外科の病院では、椎間板ヘルニアなどの腰痛の治療の際に、レーザー治療等の最先端治療が行われている。レーザー治療は患者からの人気が高く、多くの患者がレーザー治療を希望している。レーザー治療等の最先端治療が人気を集めている理由は、外科手術を行わずに椎間板ヘルニアを治療できるためである。レーザー治療は外科手術よりも簡単に椎間板ヘルニアを完治させることが可能になる。椎間板ヘルニアを外科手術で治療する際には、最低でも2週間から3週間の入院が必要になる。レーザー治療だと2日間程度の入院で済み、軽い症状の場合は日帰りも可能である。レーザー治療は患者の肉体的負担を軽減し、外科手術が困難な高齢者の椎間板ヘルニアも治療することができる。

腰痛の最先端治療の豆知識

ヘルニア対応可能な病院では、最先端の医療機器の導入が進んでいる。レーザー治療は最先端治療に該当し、医療用のダイオードレーザーを患部に照射することによって、椎間板ヘルニアを治療する。椎間板ヘルニアのレーザー治療の特徴は、出血がほとんどなく、傷跡が一切残らないことである。副作用は少なく、短期間の入院または日帰りで済むので、入院費用はほとんどかからない。治療に要する時間は15分程度であるため、患者の肉体的な負担は最小限で済む。レーザー治療は最先端治療であるため、保険診療の対象にはならない。40万円程度の費用がかかるが、医療費控除の対象になるため、申請すると費用の一部は後日戻ってくる。治療費は分割払いをすることも可能である。